免許合宿で取れるAT免許とMT免許の特徴比較
ロゴ

ATとMTどっちがいいの?免許合宿で取るおすすめはこれ

免許合宿で取れるAT免許とMT免許の特徴比較

教習所

増えてきているAT限定免許取得者

一昔前までは、MT免許を取ることが当たり前でした。しかし、最近はAT車が増えたことにより、AT限定免許を取る方が増えてきています。これから免許を取ろうと考えている方は、どちらの免許を取ろうか迷っている方も少ないと思います。そこで、ATとMTを取ることで得られるメリットについて解説していきます。

運転

AT限定免許のメリット

AT車はMT車より運転が簡単なので、教習の数が少なく、早く卒業することができます。また、補修になる人の数も少ないという特徴があります。アクセルとブレーキとハンドルのみの操作なので、運転に集中しやすく、ミスを起こしにくいでしょう。MT車では難しい坂道発進も楽々走ることができます。

初心者マーク

MT免許のメリット

MT免許を取ることにより、多くの車を運転できるようになります。なによりMT車は運転していて楽しいので、車が好きな人はMT免許を取った方がいいでしょう。ギアを操ることは少し慣れが必要ですが、教官の指導の元で運転していれば、すぐ慣れます。また、MT車はAT車に比べると燃費がいいので、ガソリン代を節約することもできます。

AT限定免許・MT免許のデメリット比較

AT限定免許のデメリット

AT車は運転中に勝手に車が進むクリープ現象があります。クリープ現象とは、停止していても車が勝手に進んでいくことで、停車中でもしっかりとブレーキを踏んでいなければいけません。また、減ってきているとはいえ、MT車が運転できないということはやはりデメリットになります。

MT免許のデメリット

MT免許のデメリットはやはり運転が難しいということです。しっかりと教官の指示に従っていれば、卒業検定に合格することができるでしょう。しかし、中には上手く行かずにエンストなどを起こしてしまう人もいます。特に免許合宿で延長になってしまうと、教習代の他に宿泊代なども必要になるので、余計にお金が掛かってしまいます。

広告募集中